X人の株式会社さんに聞いてみた!!3Dプリンターの未来!!


みなさんこんにちは!
MONOmagic編集部みほです。

今回は3D業界を引っ張っている企業さんにインタビュー!!
その名もX人の株式会社さん
若い2人の男性が運営する企業。

X人の株式会社さんは今、話題を集めていて
【3Dを、3日で目の前に!】をキャッチコピーに
WEBのチカラで3Dプリンターサービスを効率的に提供する3Dayプリンターというサービスを運営しています。

そんな、X人の株式会社のメンバーのひとり
X人の株式会社 取締役副社長 の内野さんにご協力頂き

今後の3Dプリンター業界の未来についてお話をお伺いしました!

内野 写真

よろしくお願いします ( ゚д゚)) 。_。))ペコリ

 

3Dayプリンターはどのようなサービスですか?

全国で企業や団体が保有している非稼働時の3Dプリンターと、安く・早く3Dプリンターで出力したいという消費者を繋げるサービスです。
ウリは注文から受け取りまでのスピードです。受注から発注まで最短で3日納期を目指しています。
協力業者も全国に100業者以上いますし、サイトに登録してるプリンター台数も200台以上あるんですよ。
このように日本全国の業者さんと連携を取ってサービスを運用しています。

3Dayプリンターを始めたきっかけは? 

そもそも3Dプリンターはラピットプロトタイピングマシーンと呼ばれていて、
直訳した意味の通り【すぐ作れる、早くつくる機械】であることが魅力なんです。
しかし機械を自社でもって出力サービスをやろうとしても、
1つの製造に12時間程かかることもざらにあるので、注文の量や質によっては、納品までに約2週間くらいかかってしまうのが現実です。
そんな矛盾を解消するためにサービスとして、注文から3日で納品できる【3Dayプリンター】を始めました。
全国の3Dプリンターを所有する業者さんと連携することで、効率よく出力ができて、3日納品が可能になるんですよ!

以前から3Dプリントに興味があったのですか?

もともとモノづくりへの興味がありましたね。
学生時代に、当時話題になっていたMAKERSを読んだことがきっかけで3Dプリンターに興味を持ち始めたんです。
当時、ネットとリアルは交わることがなかった時代に、

・モノのインターネット化や、3Dプリンターの登場でインターネットでDLしたデータや自分でデータを作成すれば実物が出力できるようになる!
ネットとリアルの境目がなくなり一気に市場規模が拡大していく!

という記事を見て、3Dプリンターの今後にとてもワクワクを覚えました。
3Dプリンターはネットとリアルの橋渡しの役割を果たしていると思ったんです。

3Dayプリンターのサービスについてですが、個人と法人の依頼割合はどうですか?

まず個人からの依頼は全体の3~4割。ですね。
内容も金属・樹脂・石膏等、素材はまちまちですが、主に趣味でフィギュアを作りたいとの要望が多いですね。あとはラジコンのプロペラのパーツとか。

フルカラー石膏(フィギュア1)

個人といってもマニアの人が圧倒的に多いです。
一般の方にはまだデータは扱いづらいですし、扱い方を知らない方が多いですからね。

 

現状は業務用の依頼の方が多いわけですね。どんな依頼が多いですか?

圧倒的に業務用の依頼が多いですね。
中でも試作品や、小さいパーツ(ネジ)の依頼が多いです。

アクリル(工業部品)

他にも広告・プロモーション用で模型やフィギュアを依頼されるお客さんもいらっしゃいます。


アクリル(フィギュア)

例えば、フィギュアを広告用に50体だけ欲しい場合、金型から作ると莫大なコストが掛かってしまいます。
そこを弊社で3Dプリントすると、必要な分だけ作成することでコストの削減にもなります。

最近だとこんなのもやってますよ!
フルカラー樹脂のフィギュアです!

フルカラー樹脂(フィギュア)

フルカラー樹脂は、石膏と樹脂が半々の割合のため、
これまでの石膏のものに比べたら割れにくい構造になっていてるんですよ。

連携している業者さんが多い分、素材や作れるものも多種にわたるわけですね!
でも割合が法人に偏るのはなんででしょう。

個人の人は納期をそこまで急がないんですよ。3Dayにこだわらない人が多いですね。
法人は基本いつでも緊急なので、必然的にに顧客の層も法人が多いんですよ。

海外では3Dプリンター業界が活発ですよね。
日本はまだ認知度や利用者は少ないように感じますが、日本と他国の違いは何なんでしょう。

日本はプリンター後進国。世界シェアの割合の約3%しかないんですよね。
アメリカ・ヨーロッパ・中国から比べたら劣っているのが現状です。
理由は、日本の特性ですかね。100均などの安価品の店が多く、すぐ安値で買えちゃう環境にあることもあり、「プリンターで出力する」というニーズがあまりないんです。
逆に海外で流行る理由として、アメリカなんかは、めちゃくちゃ敷地が広いですよね。
特に田舎は買い物に行くにも家の近場にお店がない場合が多いじゃないですか。
《カーテンレールが割れたら、買いに行くのが手間だし、それなら家で作っちゃえばいい
そういう土地柄のニーズの違いがあるんです。

他にも日本の場合、購入後のサポート力が強いんです。エアコンが壊れた!ってなったら即日保守対応してくれますよね。
でも海外の場合は数日待たされたりザラにあるんですよ。だったら自分で直そう。って言う人が多いんです。
そういう背景もあって、はやりに乗れず、世界から遅れを取っているんです。

内野さんは一家に1台プリンターの時代は来ると思います?

日本じゃ【まだ】すぐには流行らないとおもってます
理由はさっきお話したとおり、100均やアフターサービスが充実しているからです。
今の日本人の一般家庭がプリンターを使う機会って、あっても1年に1、2回とかだと思うんですよね。
頻繁に3Dプリンターで出力したいって思える【モノ】が見出せてないし、何がどれくらいで作れるか、知識がないから当たり前なんですけどね。

家にパーソナルプリンターを置きたいと望む人は、デザイナーやクリエイター等のモノづくりをする人がほとんどだと思います。
現状のニーズだと、まだ当分は業者に依頼する人(外注する人)が多いかな。
一般への広まりは違った形で進んでいくと思いますよ。

一家に1台ではない違った形ですか…
内野さんは今後3Dプリンターはどのように一般に向けて進化してくと思いますか?

プリンターを買うのではなく、自分でデータを作って、近くの店で出力するといった関わり方が一般に広まってくると思います。
なので、一家に1台の時代より、【みんなが3Dデータを作れる時代】が先行するのではないかと予想しています。

今後3Dプリンター市場に参入が見込まれる企業や業界ってありますか?

メーカー以外だと、佐川急便等の物流会社、セブンイレブン等のコンビニ業界ですかね。

実は韓国のセブンでは3Dプリンターを導入し始めたんですよ。

プリンターには、【モノを出力できる】のはもちろんですけど
【モノを転送する】という側面もあるんです。
製造だけではなく、物流の革命とも言われています。
日本⇔アメリカ間でモノを取引するのに、航空便や船便を使わなくても、データ送信という形を使う事によって5秒でモノの輸送ができる時代なんです。
オフィスに1台置いておけば、ネットでモノのデータを買ってその場で出力できる。まさに物流の進化ですよね。

そこでひとつ、ネックになっていることがあるんですよ。一番大事なこと。
3Dプリンターが能力を発揮するために必要なことが。


プリンターが能力を発揮するために必要なことってなんですか?

送る先に3Dプリンターがないと、出力もできなければ、そもそもモノのデータも送れないということです。
例えて言うならドラゴンボールの瞬間移動

 

(´・ω・`)…?

 

 (´・ω・`)どらごんぼーるってあのドラゴンボール??
そうです。
孫悟空って瞬間移動するとき相手の気を探しますよね?
あの孫悟空だって相手の気を察知して、
気》が有るところにしか瞬間移動できないんですよ

つまり、モノを出力したい!というニーズはあっても、3Dプリンターの場所が分からなきゃ意味がないです。

プリンターの場所を押さえる、稼働率を押さえることが革命を起こすポイント

3Dayプリンターというサービスを使って、そのポイントにあえて参入することで今後も3Dプリント業界をより一層活気付けられればと思ってます!

 

目の付け所が素晴らしい。
3Dayプリンターサービスは革命を起こすための【核】を担うってことですね!

まだまだ市場が狭い3Dプリンター。
今は業務用の用途が多いのが実情ではありますが、今後、様々な業界が3Dプリンター事業に参入していくことで、私達のような一般人も深くかかわり合いが出てくるのは間違いありませんね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

そんな時代の先駆けとして、
X人の株式会社さんは3Dayプリンターというサービスを広め、実績を伸ばしています。
若い力によって勢いが加わって、日本の3Dプリンター事業、すごいスピードで発展しそうですね!
X人の株式会社さんから目が離せません!!

内野さん、ありがとうございました!!
( ゚д゚)) 。_。))ペコリ

今後もたくさん取材して3Dプリンターの現在と未来いろんな角度から皆さんにお伝えしたいと思います!

次回もお楽しみに٩( ᐛ )وワクワク♥♥

※※取材協力※※※※※※
X人の株式会社

東京都品川区品川1-9-7-1015
取締役副社長 内野博之さん
※※※※※※※※※※※※

———————————————————
サイトでは言えない裏情報
ちょっとした小ネタ
を知りたい方はこちらをクリック♡

↓↓↓───-- - - ↓↓↓ - - – --───↓↓↓

友だち追加数


ID:@oho6367g

LINE@知らないーってお方はこちらの記事見てちょん٩( ᐛ )و
———————————————————

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みほ

みほMONOmagic編集長

投稿者プロフィール

2015年1月まで某企業にて一般職の事務をやっていたが、2月よりミスターXの指令により、全く畑違いの3Dプリンターバーティカルメディアの立ち上げをすることになる。
バリバリの文系でわからないことだらけですが、体当たりで頑張りまっす♡

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最新情報はFacebookから

他にもこんな記事!

  1. 図1

    2015-3-17

    サポート材とは

    By creative_tools サポート材とは 立体物を積層して出力していく際に、構造上どう…
  2. ICTOCO

    2015-8-14

    求!!3Dプリンタ ビジネス!

    こんにちは MONOmagic編集部 花呼です★ この度、ICTOCOさん主催で …
  3. N12-detail

    2015-3-31

    僕とオカンと時々ビキニ。

    みなさんこんにちは! MONOmagic編集部みほです。 東京はほぼほぼ桜も満開を迎えまし…
  4. DSC00743

    2015-2-23

    陰の立役者!3Dデータの基礎知識④~3Dスキャナデータ~

    みなさんこんにちは! MONOmagic編集部みほです。 3Dデータの基礎知識第4弾!!…
  5. 3Dプリンタ

    2015-3-16

    3Dプリンタとは

    3Dプリンタ(すりーでぃーぷりんた) 仮想(データ)で作られた3Dの物体を現実の物体にするものであ…
  6. DSC00898

    2015-3-5

    3Dプリンタで簡単なものから作ってみた!3Dハンコ@FabCafeTokyo②

    みなさんこんにちは! MONOmagic編集部みほです。 ハンコ製作第二弾!! 前回は…
  7. 図7

    2015-3-28

    1/100席は私がいただいた!東京大学山中研究室プロトタイプ展2015

    100席の内、1席は私がいただいたヽ(•̀ω•́ )ゝキラーン✧ みなさんこんにちは M…

話題をチェック!

  1. スイッチカバー

    2015-6-17

    【出力シリーズ】スイッチカバーVer.

    どうもこんにちは MONOmagic編集部 花呼ですヽ(゚、。)ノコケッ …
  2. DSC09986

    2015-4-10

    3Dsystems社とiGUAZUのウフフな関係①

    みなさんこんにちは! MONOmagic編集部 花呼です٩( ᐛ )و …
  3. ケース

    2015-4-9

    ホップ、ステップ、iPhone~恋してau~

    どうもこんにちは! MONOmagic編集部 花呼です★ にひひ ちょっと数日前 …
  4. DSC00020

    2015-4-7

    恋してau②~世界に1つのスマホケース.~

    みなさんこんにちは! MONOmagic編集部 花呼です! 前回の記事ではサービスの内容…
  5. TRANCEFORMING

    2015-4-2

    恋する3Dネイル♥3Dプリントがモノづくりの幅を広げる!

    みなさんこんにちは! MONOmagic編集部みほです。 春になるといろいろとオシャレをした…
  6. N12-detail

    2015-3-31

    僕とオカンと時々ビキニ。

    みなさんこんにちは! MONOmagic編集部みほです。 東京はほぼほぼ桜も満開を迎えまし…

気軽にモノづくり

カーテンールが折れた!
スマホのホームボタンが
どこかいっちゃった!
将棋の駒が1個だけ欲しい!
毎日電気のスイッチ点けるのに迷う!

「これ欲しい!」
「オッケー!」

友人に頼む感覚でこちら
注文しませんか?

ページ上部へ戻る